プランのランクアップに備えて

結婚式にかかる予算は、1番最初の見積もりよりも高くなりがちです。プランナーさんにすすめられた内容が計画より良ければ、そちらをやりたいと考えるのは自然ですし、決めた内容から予定が変更することも少なくありません。予算の設定はあらかじめ少し多めにしておかなければ、頭に描いた結婚式を実現しづらくなってしまいます。

例えば、いろいろなランクをアップさせたい時などは、お金が多くかかりがちです。料理を一品増やしたいだとか、お花の装飾を増やしたい、衣装をもうワンパターン追加したいなど、イメージはどんどん膨らみます。パックプランからオプションでランクをアップさせるのはよくあることです。ただ、何もかも良くしていくとかかるお金は際限なく増えてしまうため、結婚式の中でも特にこだわりたい箇所はあらかじめ厚めに予算を想定しておくと安心です。

人数の増加や見積りに入れ忘れていることも想定

ゲストの人数が、最初考えた時よりも増えることがあります。自分たちで考えた後で、親に聞いて呼ばなければいけない親戚が増えたり、この人を呼んでこの人を呼ばないわけにはいかないなどと考えて、人数は結構増えることも。そうなると料理代などは人数分単純に金額が増えますし、あまりたくさん増えるようならテーブルを追加する必要も出てきます。

見積もりに入っていると思っていたことが入っていなかったり、持ち込み料が別途かかってしまうなど、想定外の出費も意外と出ます。当日飲み物代が発生することもあるので、可能な限り想定して備えておかなければいけません。
その他、余興で必要な追加料金が入っていなかったり、親戚が結婚式場で着付けをするときの料金なども追加で発生することがあります。

パパママ婚とは、子どもが産まれてから結婚式を挙げることを指します。子どもと一緒に参加するため、家族の大切な思い出となります。